支店ダイアリー

【北九州】ツアーに参加しました。

新年、皆様いかがお過ごしですか?
1月13日に、お散歩気分でバスツアーに参加してみました。

 写真からひもとく近代建築~「北九州のディテール展」(主催:NPO法人創を考える会・北九州)

ちゃんと、建築のお勉強(?)です♪
北九州は工場夜景ツアーなど産業と建物に関わるツアーが最近増えているようですが、近代建築巡りも注目を集めている様です。バスは満席でした!
 
案内をしてくれたのは北九州市在住の建築家、古森弘一さん。
黒崎市民ギャラリーにて写真家大森今日子さんのモノクローム写真(3×6位の大きなパネルです)を鑑賞し、その写真に写っているいくつかの建築物を巡ります。展示されている写真は古森さんと大森さんのコラボ作品なのだそうで、スターフライヤーの機内誌の表紙も飾っているそうです(展示されている作品全てかどうかはよく知りません、すみません・・・)。
ディテール展というだけに、写真は建物全体を写しているものではなく“部分”をクローズアップしたものでした。
今まで気に留めていなかった細部が写しだされています。古森さんによると、建築家の思想・特長などはディテールによく現れるのだそうです。

201401190907145408.jpg
(上野海運ビル)
 
安川電機本社(1953年、アントニン・レーモンド設計)
上野海運ビル(1913年頃)
旧古河鉱業若松ビル(1919年頃)
北九州市立美術館(1974年、磯崎新設計)
北九州市立中央図書館(1974年、磯崎新設計)
北九州国際会議場(1990年、磯崎新設計)
門司赤煉瓦プレイス(1913年)
旧門司三井倶楽部(1921年→1991年移築)
門司港レトロハイマート(1999年、黒川紀章設計)
門司電気通信レトロ館(旧門司郵便局 電話課庁舎)(1924年、山田守設計)
 
上記の建物を、解説を聞きながらツアーは進みます。大正から昭和、平成までの建築です。北九州人なら名前や設計者は知らずとも、誰もが目にしており、知らず知らず利用している建物ばかりです。
 
201401190909215379.jpg
(旧古河鉱業若松ビル)

若松と門司にある大正時代の建物にはアール・ヌーボーからアール・デコへの変遷、そして押し寄せる西洋化の波の中で花開いた「和」のセンスと技術が見られます。ディテールは設計者の思想が現れると聞きましたが、それは同時に“職人”さん達の魂の痕跡となっている様です。北九州のディテール、ここにあり??

201401190910205408.jpg
(北九州市立美術館)
 
昭和に入って建てられたものはいわゆる装飾というものが少なくなっています。
有名な磯崎新氏の建築は、当時は斬新過ぎて賛否両論だったそうです。西洋の技術や考えをいち早く建築に取り入れ、デザインに生かし、日本の建築界へ与えたインパクトは相当なものだったそうです。
意識してみると、曲線も作るのが難しそうなのですが直線も難しそうです。単なる直線ではなく、形と形のぶつかり合いで、時には宙に浮かんでいる様な部分も・・・。不思議です。色々難しい哲学が込められているそうです。
こんなすごい形、ディテールを生み出し現実のものにできたのも職人さん達がいたからこそ!とどこを見てもついつい思ってしまいます。
 
201401190912335407.jpg
(北九州市立中央図書館)

このツアーのタイトルになっている「北九州のディテール」についてですが、最後に古森さんが言った「私たち建築をやっている人間は、地形を見ると、どんな地盤でどんな形の建物が良いか直感的にわかります。だから、移築されてきた建物には違和感を感じ、なんとなくわかります」という言葉に込められているようです。
今まで見て来たものは、この地だからこそ作られたディテールである、という事だと。

201401190916545408.jpg
(北九州国際会議場)
 
安成の設計スタッフからも、いつも聞いていた言葉ですが、改めて「そうなんだ」と感じました。
 
まだまだ書ききれない程沢山お話しを聞き、軽い気持ちで参加したツアーでしたが、充実の一日でした。これでもちょっぴり建築の端っこに触れただけという・・・奥深い世界ですね。

201401190919095407.jpg 
(門司ビール醸造棟※普段は見学できません)

皆さんも、お散歩がてら巡ってみて下さい。
あ!カフェもスケジュールに入れて下さいね(^^)
良い建物の中には素敵なカフェが付き物、という事でツアーではカフェもコースに入っていました。
上野海運ビル、国際会議場、門司赤レンガ館、三井倶楽部・・・どこも素敵でしたよ(^^)

201401190921085408.jpg
(クロワッサン三日月さんが入っているビル)

□北九州支店 小林

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。