支店ダイアリー

【北九州】建築物めぐり

少し前の話になりますが、4月は友人の結婚式参加の為東京へ、GWは長崎へ観光に行ってきました。

東京では、国立新美術館で行われていたルーブル美術館展を見てきました。

201506251537226083.jpg

さすが東京、さすがルーブル展!館内も人でごった返していました。
中では、8つのセクションに分かれて風俗画展示してありました。
見応え十分!時間をかけてゆっくり鑑賞させてもらいました!

 国立新美術館は黒川紀章氏の設計です。

201506251537545979.jpg201506251538059554.jpg

全面ガラス張りの波打つ外観が印象的ですね!

201506251538256083.jpg

エントランスには広々とした喫茶スペースもあり、明るく開放的でした。

長崎では、外観が気になった一支国博物館へ。
ここでは、島からの出土品が展示されています。

201506251542126083.jpg201506251542243291.jpg

調べてみると、デザインは黒川紀章氏でした。(偶然!)
建物全体は弥生時代の地形を模したもので、なんとも独特な形をしています。
屋上は起伏形状に沿って全面に芝が植えられており、まわりの風景に溶け込んでいるのが魅力的でした。
 
201506251540083291.jpg2015062518302926622.jpg

これからも、旅行・出張へ行った際には気になる建築物を見に行きたいです!
 
●北九州支店 玉木

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。