支店ダイアリー

【周南】シンガポール

異空間は刺激的で楽しい。
日常と違う文化と建物に出会える旅行は特に。
自由行動の少ないでも社員旅行もそうである。
今年の社員旅行はシンガポール。

201407030920371612.jpg

最近ではシンガポールといえばマリーナベイサンズの写真が旅行パンフレットでは必ず見かけるが・・・・。
確かに奇抜で驚く。
でも、どうも好きになれない。風景として心地良くない。
構造的に大丈夫なのだろうかと余計な心配もしてしまう。
自然が生み出したダイナミックさには感動をするが、人工的なダイナミックさは驚くけどこころを動かされるものがない。
でも写真を撮らずにはいられませんが・・・。

2014070309212611670.jpg

近未来的なガラスのビルが立ち並ぶシンガポールですが、古典的なものもしっかり残されています。
こちらの建物は昔銀行だったらしい。
今はフルトンホテル。
古典的な装飾にあてられた照明は幻想的雰囲気。
時が経ち経ち歴史の中から保存され続けた建物は、心を動かされるものがある。

201407030922167292.jpg

こちらはフルトンホテル前のフルトンベイホテルの内部。
勝手に侵入してこっそり写真を撮りました。
アーチ型のトラスと照明の生み出す空間はまさに異空間。
床の大理石に映り込む光も幻想的で建物もいいけど、照明が美しい。

201407030922531612.jpg

こちらはシンガポール国立博物館。
装飾を押さえてシンプルでモダンな建物や近未来的な建物が多い中で、歴史を経て残されている建物の、装飾美しさと重厚さはやはり本物。

新しいものや、奇抜で面白いものに気をひかれますが、心を動かされるのは、基本フォルムの美しい建物。
そして、ここち良い建物。
旅行で、いろんな建物を見て・感じて・刺激を受け、もっと良い建物を造らねばとあらためて思います。

★お知らせ
7月1日から下関支店に転勤になりました。
周南支店で多くの人々に支えられて楽しく仕事ができました。
周南でお世話になった皆様ありがとうございました。

●周南支店 旧店長 弘中一久 

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。