支店ダイアリー

【山口】シロアリにご注意

ゴールデンウィークも終わり、もう5月の中旬。
気候も暖かくなり、昼間は半袖でも過ごせるようになりました。
 
そんな梅雨に入る前の気持ちの良いこの時期、運動会が行われたり、レジャーに出掛けたりと、皆さんも外に出る機会が増えてきたのではないでしょうか?
 
ですが、そんな風に羽を伸ばすのは人間だけではありません。
住宅にとっての天敵“シロアリ”も文字通り羽を伸ばして飛んでくる時期でもあるのです。
 
シロアリは普段土の中などに巣を作り、人目につくような場所に出てくることはありませんが、この時期には一部のシロアリが羽を生やして羽アリとなり、新しい住処を求めて一斉に飛び立ちます。
 
そして、住みやすい場所に辿り着くと羽を落とし、雄雌でペアを作り新しい王と女王になります。
女王アリは一日に数百個の卵を産み、爆発的なスピードで増えて巣を大きくしていきます。

2014051517182415428.jpg
ウッドデッキについたシロアリ

ですので、シロアリがついた場合は早期の発見、対策がとても重要となります。

①家の周辺で羽アリをよく見つける。
 (新しい住処を物色中。もしくは近くに巣があるかも?)

②家の基礎に土で出来た線がついている。
 (蟻道と呼ばれるシロアリが通るトンネルのようなものかも?)

2014051517164515428.jpg
蟻道

③木の枠や家具の周りに木の粉みたいなものが落ちている。
 (シロアリの糞や食べカスかも?食害が始まっている?)

2014051517203315428.jpg
食害の跡
 
お住まいの家屋でこのような現象が見られたら、一度専門業者に点検をお願いしたほうがいいと思います。
もちろん、安成工務店でも承っておりますので、お近くの支店にお気軽にご相談ください。

また、家屋の周りに木材などがあるとそれにシロアリがついて、そこから家屋に広がってくることもあります。
DIY用にとっておいたが長期間使用せずにおいてある木材、ストーブなどの薪、ウッドデッキ、エクステリアの枕木など、これらもシロアリがつく恐れがありますので定期的に点検することをお勧めします。
 
※シロアリにも多くの種類が存在し、今回の記事は日本で一番多く分布しているヤマトシロアリ、イエシロアリについて書いています。特徴の当てはまらないシロアリもいますので他にも何か異常があればお気軽にご相談ください。病気と同じで早期発見が重要です!
 
●山口支店 末冨

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。