支店ダイアリー

【下関】私の「お勧め食堂」No.3

今回の「お勧め食堂」はラーメンです。

ラーメンほど一つのジャンルの中で多種、多様な食べ物はないと感じています。

その中で博多を代表とする豚骨ラーメンはご存じのとおり、大手チェーン等が世界進出までしています。

2016071308564511419.jpg

その豚骨ラーメンに絞っても味も様々で、北九州の店は替え玉のない店が多く、博多の店と比べ、味も全体的に違っているような気がします。
好みも個人差で分かれ、「魁龍」や「みんずラーメン」のようなギトギト系が好きな人もいれば、あっさり豚骨を好む人もいます。

私が本当に好きだったのは関門トンネルを出てすぐの門司港の「満州軒」というお店でしたが、今はもうありません。
半世紀も前、私が小学生の時にはすでに営業していました。
おじいちゃんとその奥様二人で営業していた、厨房を入れて6畳くらいの極小店でした。
入ると左右の壁にカウンターがあるのですが、丸椅子を交互に置かないと後の人の背中があたります。
その当時はグルメ誌もなく、口コミだけが頼りでしたが、お客さんが歩道に椅子を置いて食べている評判のお店でした。

前置きが長くなりましたが、私のお勧めは戸畑区天籟寺にある「龍王」です。
ジャンルとしては「あっさり豚骨」です。

2016071308573817588.jpg

スープを口に持っていくと、あの豚骨独特の臭みがありません。
頻繁にあく取りを重ねているような白く透き通ったスープです。
トロトロのチャーシューはそのスープにマッチした、しっかりとした味付けがなされ、4~5枚で麺を隠しています。
特徴なのは自家製メンマで、どの店にもない甘くとろける味付けがなされています。
値段も有名店では少しトッピングを加えただけで千円を超す時代ですが、550円と大きなおにぎりが1個50円と良心的です。

2016071308580017604.jpg

店内は正に昭和のラーメン屋という感じで何の飾り気もありませんが、清潔な本流のお店の中でご主人が黙々と作っているという感じです。
カウンター6席と4人掛テーブルが2つです。
テーブルは1組が1テーブルを使うのではなく、必ず相席になります。

「食べログ」ではそんなに高いホイント(私はあまり、そういうのを信じていませんが・・・)ではありませんが、私にとっては北九州一のラーメンです。
近くに行った時は寄られては如何でしょうか?

■ 下関支店 西田 亨

・【下関】私のお勧め食堂~「華さん食堂」
 https://www.yasunari-komuten.com/blog/diary/2012/05/post-839.html

・【下関】「ポンポコポ~ン」(私のお勧め食堂No.2~「道とん堀」下関綾羅木店)
 https://www.yasunari-komuten.com/blog/diary/2013/04/post-970.html
 

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。