支店ダイアリー

【総合企画】里山住宅博 in KOBE 2016 研修

先日、店長+設計部の主なメンバーで、神戸市北区上津台に6月グランドオープンした 「里山住宅博 in KOBE 2016」 に視察研修会に行ってきました。

2016072516193129809.jpg

主な目的はこの6月に山口市でスタートしたYBT(山口ビルダーズタウン)「五郷の杜」が10月にオープンするに当たり、オープン後の運営方針や販促方法、他社との共存方法等を目で見、肌で感じ、今後に生かすため。
そして、もうひとつは、当社の設計で分譲系が取り組めるかどうかを確認するためです。
 
■里山住宅博 in KOBE 2016 のコンセプト

住まいは単なる「楽をするための箱」ではなく、子供が大きく育つ場所でもあります。
住まう場所として「郊外」を見直すと、そこに「里山」が見えてきます。
人が暮らす場所として、今こそ里山を蘇らせましょう。
街区は、建築協定と設計ルールによって、環境を保たれます。
斜面の里山は、街区に住む人たちの持分共有地となり、住民で管理を行います。

地元ビルダー22社が協働で半年間の展示期間を設けた分譲団地で、各社それぞれに自社の得意とする工法・デザインで良さをアピールして居ました。

2016072516335630670.jpg

2016072516341730652.jpg

2016072516342828666.jpg

201607251634505308.jpg

今後の地場工務店がとるべき戦略としては、量産型ハウスメーカーが進めている総合展示場戦略との違いを示していく必要がありますが、この取り組みは一つの戦略として有り得ると感じました。

2016072516350828666.jpg

但し量産型ハウスメーカーに負けないデザインや性能・品質を保ちながら工務店らしい良さをアピールしなければ、営業力に勝るハウスメーカーに食い物にされる可能性もあります。
その意味からもこの「里山」と言うキーワードはなかなか面白い、工務店らしさで勝負できるフレーズではないでしょうか!

最後に研修会恒例の建物探訪です。

山に添って建つ集合住宅!

2016072516364330670.jpg

我が社も数件お世話に成った、三分一博志設計事務所の作品。
北六甲 五介山「六甲枝垂れ」・・・良く解りません?

2016072516371430652.jpg

2016072516372528666.jpg

以上 里山住宅博inKOBE2016の研修報告です。

■総合企画室 福田

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。