支店ダイアリー

【山口】さんりんぼうって?

“さんりんぼう”

新築をお考えの方や、建築関係の方なら耳にした事があるかも知れません。
漢字で“三隣亡”と書き、その日に建築儀礼を行うと隣近所にまで災いを及ぼす等と言われ、建築上の凶日とされています。

しかし、江戸時代は“三輪宝”と書かれ、吉日とされ、暦にも“屋建てよし”と記載されていました。

それがいつごろからか“屋建てあし”と変わっていったそうです。

暦の作者が“よし”を“あし”と書き間違えたからではないかとされています。

そうして凶日と扱われるようになり、そのうちに凶日らしく“三隣亡”と変えられてしまったそうです。

この様に根拠の無い暦注ですが、現在でも多くの人々の意識に根強く残っています。
かくいう私もずっとこの日を気にしていましたし…

迷信の多くも、実はこのような他愛の無い成り立ちなのかも知れませんね。
何事も要は気の持ちようなのだと思います。

■山口支店 工事担当:末冨

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。