支店ダイアリー

上津江 森林体験一泊ツアー(北九州支店)①

 今年も行ってきました!森林体験一泊ツアー!!北九州支店からもご報告いたします!
 北九州支店と福岡支店の合同企画で毎年行っていますが、今年は北九州が8組、福岡が6組の計14組のお客様に参加していただきました。貴重な夏休み最後の週末をこのツアーに充てていただき、本当にありがとうございました!!
 この森林ツアーは、安成工務店が使用している構造材(柱や梁など)の産地である大分県日田市上津江が舞台となり『山の仕事』や『山と町とのつながり』を知っていただき、より安成の家づくりを理解していただこうと企画しています。
 ここは90%以上が森林で覆われており、昔から林業の盛んな所でした。ここで山を守り、育て、管理し、製材・加工を行っているのがトライウッドの皆さんです。いつもご協力ありがとうございます!

 8月25日、晴れ。
 朝からジリジリと照りつける太陽のもと出発!
 車中では、これから行く山の事や木についての予備知識を簡単なクイズを出しながらお話ししました。
 例えば、日本の森林の面積は? 森と林の違いは?・・・皆さん分かりますか? 
 お昼にはトライウッドに到着。町と比べるととても涼しいです!
 昼食後には、輪掛乾燥をしている現場、『護持の森』に向かいました。
(輪掛乾燥とは、切り倒した木を枝葉を落とした状態で井形に組み、約1年間天然乾燥をする事です。木は多くの水分を含んでおり、十分に乾燥させないと狂いの原因になります。一般的には時間短縮の為130度の高温で乾燥させる所が多いのですが、それだと木の細胞が死んでしまい、調湿の出来ない、また色艶の悪い材になってしまいます。これまでトライウッドでは55度の低温でじっくり乾燥させることで、この問題を解決していました。しかし、乾燥機を使うということは、燃料を使うということ。つまり、CO2を出している訳です。安成工務店と同じく環境を謳っているトライウッドは考えた末に、原点である輪掛にたどり着いたというわけです。)
 山に入り、約1時間掛けて間伐についてや、山を守っていく必要性などのお話を聞きながらの登山。
 子供たちは大はしゃぎ! 日ごろ運動不足の大人たちは、皆に着いていくのがやっと…(汗)でも、なんだか清々しい気分なのは山の力のおかげなんでしょうか?
 山登りを楽しんだ後は、トライウッドに戻り工場見学。この日も人工乾燥機は稼働中でした。なるべく環境に負荷を掛けない為、工場が動いている時は木屑を燃料に動かすそうなんですが、工場が休みで従業員がいない時や夜間等はどうしても化石燃料を使っています。
 来春にはほとんどが輪掛の材になるので、さらに環境負荷を止められると山の人たちは誇り高く語ってくれました。
(続く)

■北九州支店 093-475-2323

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。