支店ダイアリー

【総合企画】足腰の健康に猪パワーを!!

110124-kikaku.jpg義理の母が足を痛めておりまして、病気の回復を祈って、
京都は護王神社を参拝しました。

護王神社は、はじめ洛西の高雄山神護寺の境内に和気
清麻呂公の霊社として祀られていましたが、確かな創建年
は伝えられていません。
古くから「護法善神」と称されていましたが、嘉永4年(1851)、
孝明天皇は和気公の歴史的功績を讃えて正一位護王大明神
の神階神号を授けられ、明治7年(1874)、「護王神社」と改称
して別格官幣社に列せられました。

明治19年(1886)、明治天皇の勅命により、神護寺境内から
華族中院家邸宅跡地であった京都御所蛤御門前の現在地に
社殿を造営、姉君の和気広虫姫を合わせ祀り、御遷座されま
した。

その後、崇敬者により境内に霊猪像(狛いのしし)が奉納され、
いのしし神社とも呼ばれ親しまれています。」
(ホームページより)

足腰の健康についての伝説は省略しますが(護王神社のホーム
ページを見てね!)、とにかくそういう霊験あらたかな神様です。A(^_^;)

上記のとおり、いのししがトレードマーク?なのですが、境内には
たくさんの猪たちが。

特に、狛犬ならぬ狛猪には驚愕です。後ろ足ムッキムキです。
これは効きそうだ。

ということで、お守りを買って、足をナデナデして帰りました。

京都にお寄りの際は、足腰の健康に是非どうぞ。m(__)m

◆総合企画室 竹藤

110124-kikaku03.jpg

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。