支店ダイアリー

【総合企画】幕末維新村を訪ねる(1)

5月10日、赤間町に幕末維新村がオープンしました。

◆サンケイニュース◆
「幕末維新村」オープン 山口・下関

「5月10日」といえば……文久3年4月20日(1863年6月6日)、幕府が朝廷に対して攘夷期限5月10日を約束したことを受け、実際に長州藩は、5月10日に、下関に停泊中だったアメリカ商船ペンブローグ号を砲撃するのです。
長州にとってのX-デイという意味で、その5月10日とかけていたのでしょうか……
(^_^;)考えすぎかな?

ともあれ、早速訪ねてみたので、レポートします。

場所は、赤間町4-9、旧「ふく処喜多川 赤間店」であった建物を利用して作られています。

1階が無料休憩所、2階は有料の展示室です。

無料の休憩所には、畳敷きのオープンスペースの壁に、所狭しと幕末の志士たちのイラストが。
靴を脱いであがり、一人一人解説を読みながら、のんびりとくつろぎます。
といいたいところですが、イラストの迫力に気おされ、キョドキョドしてしまいました。
(◎-◎;≡;◎д◎) 

また、1階では、来場記念?の開運くじを引かせていただき、手のひらほどですが大黒天のお米(開運?)をいただきました~。

さて、続いて、200円を払って2階に上がります。

(続く)

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。