支店ダイアリー

【山口】初めての地鎮祭

山口支店営業担当の木本聡和です。
今回は初めて参加させて頂いた地鎮祭でのお話をします。

地鎮祭に際して、私は神主様の送迎をさせていただくことになりました。
当日朝、山口支店から車を走らせ、山口大神宮へ出発。
到着後、地鎮祭に使用する荷物を乗せ、神主様と現地へ向かいます。
道中、地鎮祭の手順など教えて頂き、勉強になりました。
そして話をしていると、あっという間に現地に到着しました。

 
早速、地鎮祭の準備に取り掛かろうと荷物を降ろしたまでは良かったものの、
次にやるべき作業がすぐに思いつかず、先輩たちから指示を受けながら、
用意されていた紙垂
(しで)をしめ縄に取り付けました。
そして、いよいよ地鎮祭の始まりです。

110715yama01.jpg
 
私は地鎮祭では、しっかりと、その雰囲気と、流れを覚えるよう気持ちをいれて
臨みました。

地鎮の儀では、施主様鍬入れの際の「えい、えい、えい。」という声が敷地に響き
渡ります。その声はきっと神様にも届いたことと思います。

その後、玉串奉奠が行われました。

私はこの日、見学するだけだと思っていたのですが、神主様から榊を渡され
「え!?私も??」と少し戸惑いましたが、先輩方の手順をよく見て、一生懸命工事の
安全と、無事完成を祈りました。
今回、一番緊張していたのは施主様ではなく私かもしれません。(笑)

110715yama02.jpg

今後の工事の進行が楽しみです。
 
□木本 聡和

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。