支店ダイアリー

【山口】節分

今日、2月3日は節分ですね。
 
節分とは「季節を分ける日」、つまり季節の移り変わる立春、立夏、立秋、立冬それぞれの
前日のことを指していて、本来は年に4回あるものです。
しかし、春が1年の始まりとして最も重要視されていたため、節分といえば春の節分のみを
指すようになりました。
 
そして、立春を新年の始まりとすると節分は大晦日にあたり、旧年の災厄を祓い清める
「追儺(ついな)」という宮中行事から豆撒きが始まったとされています。
ちなみに豆を撒くのは「魔を滅する=魔滅(まめ)」という語呂合わせからきているそうです。
 
元来、家長である父親か長男が撒くのが正しいようですが、お面をかぶって鬼の役をする
お父さんも多いのではないでしょうか?
我が家でも鬼の役は父親である私の仕事。シミュレーションもばっちりです!今日は早く
帰って鬼になりきりたいと思います。(^∀^)

201202031319039691.jpg
 
また、今ではすっかり定着してしまった恵方巻き。
今年の恵方は北北西らしいです。
今年こそは無言で食べきりたいと思います。(^_^;)
 
皆さんも楽しい節分をお過ごし下さい!
 
山口支店
末冨

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。