支店ダイアリー

【周南】日本の文化に触れる旅

今回は日本の文化に触れる旅のご案内です。
 
今まで何度か日本の伝統文化『歌舞伎』に触れる機会がありました。
“一度、坂東玉三郎さんの作品を見るといいよ”と友達に言われて、早数年。
そのチャンスに恵まれないままかと諦めかけていたら・・・。
 
突然、チャンスが訪れました。
東京ではあれほど入手困難だった坂東玉三郎さんのチケットがとれることに!!
 
場所は熊本県山鹿市にある国指定重要文化財『八千代座』。
木造で江戸時代の雰囲気を残した芝居小屋は古典的様式の中に廻り舞台や桝席・花道など
の充実した機能を持ち、江戸時代の歌舞伎小屋の様式を今に伝える貴重な伝統的建物です。
その舞台で坂東玉三郎さんの舞踊公演を観ることが出来るのです。

2012032315091132338.jpg
 
当日は朝早く起き、新幹線やバスを乗り継ぎ、白壁の商家が並ぶ豊前街道に到着。
 
歴史ある建物を見上げながら、磨きあげられた板敷きに上がり、木戸口をくぐると・・・
そこから一挙に時代を遡ります。
お弁当を食べながら、見渡す芝居小屋は江戸時代にタイムスリップ!!
 
演目は『お目見得 口上』・『春夏秋冬』。
坂東玉三郎の新作舞踊です。
玉三郎の舞踊の世界において、大きな命題でもある日本の四季が演目です。
今回は八千代座公演特別版として、地元の情緒豊かな郷土芸能「山鹿灯籠まつり」を取り
入れ、玉三郎ならではの類いまれなる美しい日本の四季を表現していきます。
 
下世話な感想ですが・・・男性と分かってはいながら、実に色っぽい、艶っぽい。
現代の日本女性にはなかなか見られなくなってきた凛とした強さ、優しさ、品のよさを
舞い踊る玉三郎さんから感じ取り、鳥肌がたってしまいました。
 
都会にいてはなかなか感じられなくなってきた日本の四季も、まだまだ田舎ではただ
佇むだけで感じ取ることができ、自然に生かされていることを感じながら生活できる
・・・そんなことをふっと感じさせる演目でした。
 
2012032315095632279.jpg

みなさまも機会があれば、日本の文化に触れてみてはいかがでしょう♪♪

■周南支店 下瀬

資料請求
資料請求はこちら

※資料請求を頂いたお客様に、営業のお電話や訪問等は一切いたしません。